火災報知機の設置が義務化されることによって、さまざまな各方面への影響が考えられます。
火災報知機を設置していると、火事から出る熱や煙以外にも、料理のもので感知してしまうケースがあります。
センサーが読み取って、アラーム警報が鳴ることは、例えば揚げ物によって熱気が室内にこもったり、魚を焼いているだけでも、起こりうるのです。

スポンサードリンク

火災報知機設置義務化による影響

火災報知機を設置していると、誤作動も有り得ます。

義務化ということで、一家に1つは必ず火災報知機が設置されるのですから、一気に大量の製品が世に送られることから、不良品が混ざっている可能性もあります。

設置の義務化完了して間もなくは、火災報知機のアラーム音が、誤作動によってあちこちで鳴りまくっている事態も考えられます。

義務化はしたものの、一方で警報が鳴って火災を知らせてくれているのに、また誤作動かと、火事への警戒につながらない感覚が身に着く心配があります。

火災報知機メーカーにも、火災報知機設置の義務化の余波は、現れるはずです。

一部上場企業などは、株価にも影響が起こるのではないでしょか。
株価が動くということは、社会への影響です。

火災報知機を絶対に設置しなければならないという決まりごとの制定によって、オイシイ思いをする人も誕生すれば、しわ寄せを受ける立場の人もいるかもしれません。

義務化が現実に行われてみないことには、まだまだ見えてこない問題も多そうなので、2008年6月以降の動向に注目です。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

火災報知機の義務化:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://bousai.9feg.com/kasai/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。